住宅ローンが残っているのに家がうれた話

住宅ローンが残っている家を売る記事を読みました。
じぶんは現在ですが30歳の男性会社員をおこなっております。じぶんは今年に入り、不動産売却をさせていただきました。じぶんの家であります。

じぶんは家を購入したのは20歳のときであります。じぶんはそれまでは実家にすんでおりました。じぶんは学生時代から交際をさせていただいている女性がおり、その女性もじぶんも高卒で就職をしてお互い働いているということで結婚をさせていただきました。20歳という年齢であるので、お互いの両親なども最初は反対をしておりましたが、じぶんたちの説得により、理解をしてくれて結婚をすることができたのです。そしてじぶんは同時に家も購入をさせていただきました。じぶんとしてはハウスメーカーにも以来をして、一から新築にしようかと思っていたのですが、収入が少なく、ほんとうに無事に会社に勤めていられるかという不安もあったので、2000万円の中古の物件を購入させてもらったのです。20年ローンで購入をさせていただきました。

そして自分たちが40歳になったときには新しく貯蓄をした資産とこちらの家を売却したお金で、定年まで住むことができる家を購入しようという計画でありました。20代前半のときなどはお互いほんとうにうまくいっていたと思っておりましたが、20代後半になるとじぶんのほうが仕事が非常に忙しくなってしまい、それで妻の相手などもあまり行っている時間などはありませんでした。妻のそんな自分にいろいろと鬱憤などがたまっていたようであります。それで決定的になってしまったのは28歳のときに妻が浮気に浮気をされてしまったのです。じぶんもほんとうに激怒をしてしまい、慰謝料などは請求をしませんでしたが、即時離婚を切り出し、離婚をさせていただきました。

ほんとうにショックであり、信用問題になると思ったのです。そのときに購入をした家も売却をしようと不動産を訪れました。そこでまたじぶんは激怒をしてしまったのです。2000円で購入をした家が200万円にしかならなかったのです。相場としてはこれは低いほうですが、許容範囲であるようでした。ですが、じぶんはまだローンが1000万円しか支払いを終えていないので、結局800万円の借金が出来上がってしまいました。現在では家族とも相談をさせていただき、自己破産なども考えております。ほんとうに不幸の連続続きであり、仕事をおこなっていく気力などもなくなってしまいそうです。

育てやすい子と育てにくい子の違い

お母さんの中には、「どうしてそんなにつらいのか、よくわからない」と言う人もいます。もちろん本人のパーソナリティーにもよりますが、よく聞くと、「うちの子あ手がかからないからという返事が返ってくることもしばしばです。夜泣きや小食などの問題に毎日悩まされているお母さんでしたら、「お宅の子は育てやすいからそう思うのよとグチのひとつも言いたくなるのが正直なところでしょう。

でもほんとうに、育てやすい子と、育てにくい子がいるのでしょうか。答えは「イエス」です。
実はお母さんが育児に自信を持ったり、逆に自信をなくしたりするのは、赤ちやんの個性をはじめとした「子どもの側」の要因が、大きく関係しているんですね。これはいわゆる赤ちゃんとお母さんとの「相性」というようなものです。この問題を考えるのは、いま無力感にさいなまれているお母さんに対し、「それはお母さんだけが悪いんじゃないんですよ」という、とてもよいヒントになると思います。

それではまず、図を見てください。

これは育児について親がいだく「無力感」「有能感」に、子どもの個性がどう影響するかについての仮説を示したものです。ここで注目したいのは、赤ちゃんの個性として、まず「予測しやすさ、読みとりやすさ」があげられていることですね。

たとえばあなたの赤ちゃんが、わりに行動の原因が読みとりやすいタイプだとしましょう。泣いているときも、これはおっぱいだな、これはおむつだな、とわかりやすい子のことです。こうした赤ちゃんはお母さんにとっても世話がしやすいし、次にどうなるかの予測もしやすいですね

これは要は生活リズムの問題で、「予測しやすい赤ちゃん」というのは、言いかえれば生活リズムの安定した赤ちゃんのことです.「もうそろそろ泣くな」「ぐ始めるな」「手足が熱くなったから眠いんだな」などがすぐわかれば、親も自分のペースが守りやすいですね。「外に出れば必ず泣きやむ」など、行動にある程度パターンがあれば、世話をするほうも確かにずいぶんと楽なはずです。同時に、もう一つの大きなポイントとして、赤ちゃんの側の「反応のあらわれやすさ」もあります。泣いたときでも抱けばすぐ泣きやんでくれたり、あやすとほほえんだり:..:。お母さんとしては、「どうしたの?」と駆けつけたことに対して、なんらかの結果がほしいのも本音です。
にっこり笑ってお返しをもらえれば世話のしがいもあるし、「かわいどと思う回数もふえるのが人情。大人だって、人にしてあげたことに対し、好意的な反応が返ってくればうれしいでしょう。それと同じです。

最終的に、こうした赤ちゃんの世話のしやすさは、お母さん自身の有能感につながります。「私ってなかなかやるじゃない」「心配したけれど、うまくできているわ」などとい産z丸分がそれですね。これが「楽しいわ」「いい子だわ」とい垂旦訊持ちになっていくのです。

ワキガの匂いに効くりんごの効果はどれほどのものなのか

ワキガ体質の人は普段から皮膚を清潔に保ち、細菌の繁殖を予防しましょう。ワキにニオイがこもったり、発散されたりすることを防ぐために、ワキ毛を除毛するのもいいでしょう。肉類を控えた野菜中心の食生活もアポクリン腺の活性化を抑えます。前章で紹介した、『汗腺トレーニング』もワキガ臭を軽減させます。ぜひ、毎日の習慣として行なうようにしてください。

また、リンゴの繊維質にはアポクリン腺のアポタンパクという物質の生成を抑え、ニオイの発生を防ぐパワーがあります。アポタンパクとは体内の脂質の代謝に関わるタンパク質であり、この発見はワキガのニオイ発生のメカニズムを研究する化学者からも、おおいに注目を集めています。

すりおろしたリンゴをガーゼでくるみ、湿布をするときのようにワキに当てるだけで手軽に効果を得ることができますから、試してみてはいかがでしょうか。

①リンゴ1個をよく洗い、皮つきのまま、まるごとすりおろす。
②すりおろしたリンゴをガーゼなどで包み、果汁を絞る。
③絞りカスをハンカチで包み、両ワキの下に5分間挟む。
※就寝前に行ない、洗い流さずにそのまま寝る。
※すりおろしたリンゴは傷みやすいので、湿布を行なうたびにすりおろすこと。

良いUIとは

良いUIとは何か?こちらの記事を見て思うところがあったので記事にしてみました。いつも以上に雑な感じです。

UIとサービスの話は別で考える

良いUI = 「執着するUI」

(中略)

たとえ洗練されたUIでも、執着する何ががないとそのサービスが使い続けられることはないと思います。

逆に、人は執着してさえいれば、分かりにくいUIに不満を抱きながらもサービスを使ってくれると思います。

この「執着するUI」は、UI全体の話ではなく一部を切り取って話していますし、執着というキーワードがUIではなくサービスを作る上で考えなければならない視点として語られているように感じます。

UIとサービスを結びつけることに異論はありませんが、「良いUIとは何か?」と質問されたら、サービスから切り離してUI単体として良いものは何か?と考えへるべきではないかと思うのです。

サービスと絡めてUIを語ってしまうとサービスの内容やユーザーの状況まで考慮しなければならず、結局UIの話ではなくUXの話になってしまうからです。それはそれで大事なんですが、求めている答えとは違いますよね?

それを分かった上であえて執着というキーワードを使われているようですが。

執着の源泉を生み出すのは企画そのものによる部分が大きいかも知れませんが、UIでその執着するポイントを増幅させたり、執着しづらくなる理由を取り除くことはできるはずです。

やっぱり質問している人が求めている答えではないように感じます。(実際にどんな文脈で聞かれたか分からないので完全に妄想ですが。)

じゃぁ良いUIってなに?

話題に乗っかって表明してみます。

UIだけを切り出して良いUIとは何か、それはサービス提供者の意図が反映されたUIだと考えています。

透明なUI、スキューモーフィズム、フラットデザインなどUIに関する様々な考え方やトレンドがありますが、それらは一貫してサービス提供者やデザイナーが「○○だから○○なデザインにする」という意図があって作っています。

UI全体のコンセプトから1つ1つのパーツを考え、なぜそのようなUIにしたのか説明できれば、それは良いUIだと言えません。

なぜならデザインした結果、数値として結果が出なくても無いが悪かったのか仮説が立てやすく改善もしやすいからです。だから猿真似UIには嫌悪感をいだきます。

最後に

良いUIの定義には正解はないので、この手の話を聞くときはその人がサービスにこだわっている部分だったり哲学だと思って受け止めています。