ワキガの匂いに効くりんごの効果はどれほどのものなのか

ワキガ体質の人は普段から皮膚を清潔に保ち、細菌の繁殖を予防しましょう。ワキにニオイがこもったり、発散されたりすることを防ぐために、ワキ毛を除毛するのもいいでしょう。肉類を控えた野菜中心の食生活もアポクリン腺の活性化を抑えます。前章で紹介した、『汗腺トレーニング』もワキガ臭を軽減させます。ぜひ、毎日の習慣として行なうようにしてください。

また、リンゴの繊維質にはアポクリン腺のアポタンパクという物質の生成を抑え、ニオイの発生を防ぐパワーがあります。アポタンパクとは体内の脂質の代謝に関わるタンパク質であり、この発見はワキガのニオイ発生のメカニズムを研究する化学者からも、おおいに注目を集めています。

すりおろしたリンゴをガーゼでくるみ、湿布をするときのようにワキに当てるだけで手軽に効果を得ることができますから、試してみてはいかがでしょうか。

①リンゴ1個をよく洗い、皮つきのまま、まるごとすりおろす。
②すりおろしたリンゴをガーゼなどで包み、果汁を絞る。
③絞りカスをハンカチで包み、両ワキの下に5分間挟む。
※就寝前に行ない、洗い流さずにそのまま寝る。
※すりおろしたリンゴは傷みやすいので、湿布を行なうたびにすりおろすこと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です